ユミラ建築設計室の下北沢日記

東京都世田谷区下北沢の建築設計事務所のブログです。
仕事の進捗状況や日々の雑感など感じるままに記していきます。
MO邸リフォーム 1年検査
座敷 掘り座卓

工事完了から1年経ったため1年検査を行いました。
建具の建て付けがよいなど指摘事項なく終わりました。

座敷 織部床風

堀座卓のある座敷でお茶を戴きました。庭の緑が厚く、回りとは別世界のようです。蝉の鳴き声が心地よく響きます。

白いオフィス空間

作業室のインテリアは白です。明るく清潔な空間です。

満足していただいているようでとても安心しました。

東京都世田谷区の建築設計事務所 ユミラ建築設計室 HomePage

| ・MO邸リフォーム 制振装置を使用 | 18:16 | comments(0) | trackbacks(0)
制震装置を使ってリフォーム 完成!
H200912MOint_close.jpg

H200912MOint_open.jpg

制震装置を使用して戦前に建築された住宅のリフォームが完成しました。
耐震補強のために柱と筋交いを新設し、新たに設けた筋交いと制震装置とが地震に対して構造上の効果を発揮します。
また古い柱は埋木等補修をして使用し、新しい柱とともにインテリアのアクセントになるようにしました。
メインの和室の扉(面材はワーロン紙です)を開け放すと広縁、濡れ縁越しに庭が見渡せる落ち着いた開放的な空間になりました。

東京都世田谷区の建築設計事務所 ユミラ建築設計室 HomePage
| ・MO邸リフォーム 制振装置を使用 | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0)
制振装置を使ってリフォーム
H200709MOseisin.jpg

戦前に建築された住宅のリフォームです。基礎と土台を緊結する現在の構造の考え方でなく、寺院や神社にあるように石の基礎の上に建物を置いているようなイメージです。
地震に対して、筋交いや合板をいれて耐震性能をたかめました。そのうえで制振装置をいれて建物の揺れを吸収し、※層間変形角※を1/40抑えるようにしました。写真にあるような装置をX方向Y方向とも2ヶ所ずつ設置しています。

※層間変形角とは地震力等が加わったときのその階の柱の傾きの大きさです。1/30以下であれば倒壊しないといわれています。

東京都世田谷区の建築設計事務所 ユミラ建築設計室 HomePage
| ・MO邸リフォーム 制振装置を使用 | 19:45 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE